やぎ座はミュージシャンの星座なのかも 大御所アーティストがズラリ!

1月8日は、昨年惜しくも亡くなってしまったデヴィッド・ボウイ(1947-2016)の誕生日です。

ご存じの通り、とくに1970年代から1980年代にかけてのボウイの影響力はとても大きく、ポピュラー音楽にとどまらず、ファッションや美術などさまざまな分野にインスピレーションを与え続けてきました。

そして、2017年1月8日からは、彼の誕生日を記念して大回顧展「DAVID BOWIE is(デヴィッド・ボウイ・イズ)」(at 天王洲・寺田倉庫G1ビル)が開かれます。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

エルヴィス、ジャニス、ジミー・ペイジもやぎ座

さて、1月8日は、ロックンロールの王様エルヴィス・プレスリーの誕生日でもあります。ボウイ、プレスリーだけでなく、12月から1月にかけて、つまりやぎ座に生まれたミュージシャンは多いようです。順番に有名な人たちを見ていきましょう。

■12月26日:フィル・スペクター(1940- ロネッツやビートルズのプロデュースで有名です。現在はなんと薬物中毒で服役中)

■12月31日:パティ・スミス(1946- 「パンクの女王」として1970年代から有名ですが、先日ボブ・ディランの代わりにノーベル賞授与式で歌いました)

■1月6日:シド・バレット(1946-2006 プログレッシブ・ロックの「ピンク・フロイド」のオリジナルメンバー。イギリスのミュージシャンに大きな影響を与えましたが、晩年は精神を病んでいたともいわれます)。

■そして、冒頭に紹介したロックンロールの王様エルヴィス・プレスリーの誕生日も、デヴィッド・ボウイと同じ1月8日なのです。また、元祖ヘヴィ・メタル・グループの「レッド・ツェッペリン」には面白いことにやぎ座出身が二人もいます。

■ギタリストのジミー・ペイジ(1944- 1月9日)とベーシストのジョン・ポール・ジョーンズ(1946- 1月3日)

■1月10日:ロッド・スチュワート(1945- もとフェイセズのボーカリストですが、「アイム・セクシー」「セイリング」などのヒット曲が有名でしょう)

■1月19日:ジャニス・ジョプリン(1943-1970 圧倒的なパワーの女性ロックシンガー。麻薬中毒で27歳の若さで亡くなりました)

ひょっとしたら、やぎ座はロックの星座なのかもしれません。

日本のミュージシャンとピアニスト

日本の音楽家でもやぎ座出身のビッグ・ネームがいます。

■1月17日:坂本龍一(1952- いわずと知れた「イエロー・マジック・オーケストラ」で有名ですね。最近は映画音楽を多く手がけています)

■1月19日:松任谷由実(1954- 日本最高の女性シンガー。オリジナルアルバム38枚目として発売された『宇宙図書館』がオリコン週間アルバムチャートで、初登場1位を記録するなどまだまだ大活躍中です)

■1月19日:宇多田ヒカル(1983- 2016年には8年ぶりとなるアルバム『Fantôme』を発売しました)

クラシック界からもピアニストの登場です。

■1月5日:マウリツォ・ポリーニ(1942-)、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(1920-1995)、アルフレッド・ブレンデル(1931-)が三人ともこの日の生まれ。

ロックからクラシックまで、音楽をたくさん生み出してきたやぎ座生まれ。さて、あなたのお気に入りの音楽家は誰ですか?

logo_tenki

tenki.jp

tenki.jpは、日本気象協会が運営する天気予報専門サイトです。ピンポイントな天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報を提供します。気象予報士が日々更新する日直予報士も人気です 
http://www.tenki.jp/

出典
デヴィッド・ボウイはじめ、やぎ座のミュージシャン集合

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop