一目惚れしちゃった! 「2つの顔を持つ子猫」、あっという間に里親みつかる

出典:yanatwofacecat

2016年7月、東ヨーロッパの国・ベラルーシの新聞「Nasha Niva」の地方版ウェブサイトに掲載されて、里親を募集していた子猫。

なんと、顔半分が茶色で半分は黒色をしています!本当にユニークな柄ですよね。まるで毛を染めている途中でインク切れしたかのようです。

2つの受精卵が融合して異なる遺伝子の細胞を併せ持つと、ごくまれにこのような柄の猫が生まれることがあるのだとか。

また、単なる偶然でこのような柄になる場合もあるそうです。

その里親募集の広告を見つけた夫妻は、ミンスク国立工科大学建築学科の学生である娘のエリザベスさんに画面に映っている子猫の姿を見せました。

するとエリザベスさん、この子猫に一目惚れ!すぐに里親になることを名乗り出て、今では仲良く一緒に暮しています。

引き取られていったこの子猫は、「ヤーナ(YANA)」と名付けられました。そして、家族との日々の暮らしはInstagramで公開されています。エリザベスさんとの2ショットは本当に可愛らしくて幸せそうです。

まだ子猫のヤーナがどんなふうに成長していくのか、楽しみでなりません。


[文/grape編集部]

出典
yanatwofacecat

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop