ディーン・フジオカ、結婚詐欺師役で新境地 井上荒野『結婚』が実写化

 俳優のディーン・フジオカ(36)が、直木賞作家の井上荒野氏の長編小説を映画化した『結婚』(初夏公開)に主演することが11日、わかった。あらゆる女性を大人の色気で翻弄(ほんろう)する結婚詐欺師役に挑むディーンは「今まで自分が演じたことのなかった役、演じることを考えたこともなかった役なので、正直今は少し不安ですが、説得力のある結婚詐欺師を演じれるよう頑張りたいと思います」と新境地開拓に意気込んでいる。

 メガホンをとるのは、ディーンがブレイクするきっかけとなったNHK連続テレビ小説『あさが来た』でチーフ演出を務めた西谷真一氏。実写化にあたり、西谷氏が「この本格的な恋愛ドラマをぜひディーン・フジオカさん主演で」と提案し、原作の井上氏も受諾。脚本は連続ドラマ『結婚できない男』(06年)、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』(12年)の尾崎将也氏が担当する。

 年齢も境遇も違う、様々な女たちの心の隙間に入り込み、その色気で翻弄していく結婚詐欺師・古海健児(ディーン)。ある時は小説家、またある時は空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。騙された女たちは、ついに古海の相棒・千石るり子にたどり着くが…。

 西谷監督は、『あさが来た』でディーンから年齢や性別を超えた特別な“色気”を感じたと振り返り、同作では「“大人の男が持つ優しさと色気、そして凄み”を引き出し、皆さんが見たことのない、新たなディーン・フジオカの魅力を描いていきたいと思っています」と宣言。ディーンも「西谷真一監督作品の史上最高傑作になるよう、微力ながら全身全霊をかけてお手伝いさせていただきたいと思っています」と並々ならぬ熱意を込めている。

 古海の相棒の千石役には、NHK連続テレビ小説『まれ』(15年)に矢野陶子役で出演した新鋭女優・柊子を抜てき。「言葉では言い尽くせないほど、胸が熱くなりました。台本を手にした時、その一冊の重さは自分の想像以上でした」と喜び、「ディーン・フジオカさんに初めてお会いした時、優しくてあたたかい瞳に吸い込まれそうになりました。これから始まる撮影期間、ディーン・フジオカさんの瞳をまっすぐ見つめて臨みます」とコメントしている。

logo-oricon

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/

出典
ディーン・フジオカ、結婚詐欺師役で新境地 井上荒野『結婚』が実写化

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop