澄んだ景色に息を呑む!日本が誇る琵琶湖を”まるごと一周”満喫する方法

日本で最大の湖、琵琶湖。

滋賀県の面積の6分の1を占めている湖には、『彦根の古城』や『竹生島の沈影(ちんえい)』など、琵琶湖八景と呼ばれる名所があります。

1周、約200キロの琵琶湖に点在する観光スポットの数々…それを思う存分満喫する方法があるんです。

その方法はずばり!サイクリングです!「えー、200キロも自転車で?」と思う方も恐れることなかれ。琵琶湖を一周するサイクリングコース『ビワイチ』の殆どはフラットなので、のんびりサイクリングを楽しむことができます。

ウォーキングより早く移動することができる一方で、琵琶湖の自然の壮大さや美しさを肌で感じることができます。これは車やバスでは体験できませんよ♪

季節の変化も感じられる!観光スポットの数々

大きく拡がる琵琶湖の隣を駆け抜けるだけでも気持ち良いのですが、コース上には、ぜひ寄りたいスポットがたくさんあります。

守山市の第一なぎさ公園は、「日本の渚百選」にも選ばれたビュースポットです。夏には約1万2千本のヒマワリが湖畔を黄色く染め、冬には菜の花が一面に広がり、対岸には比良山系の絶景が見られます。

一休みするときでも、花の香りをほのかに感じながら癒やしのひとときを味わえるんですね。

マキノ町にある2.4キロに渡る並木道も印象的です。道の両側には約500本のメタセコイヤが植えられていて、その間を自転車で通り抜けるのは快感。春の新緑、秋の紅葉は息を呑む美しさです。

ビワイチの出発点は、守山がおすすめ!

琵琶湖をサイクリングで満喫する旅…。まずは守山をスタート地点にすることをおすすめします。理由のひとつはアクセスの良さ。京都から新快速で25分で行けるのでかなり便利です。

車で自転車を持っていく場合は、ピエリ守山の駐車場を無料で使えたり、宿泊をする場合、ホテルラフォーレ琵琶湖は室内への自転車の持ち込みができたりと、サイクリストへの手厚いサポートがあります。

また、琵琶湖を1周する時間や自信がない人のために、守山市内を一周できる『モリイチ』コースもあります。

自前のロードバイクを用意する必要もありません。『美崎公園』や、『ジャイアントストアびわ湖守山』などの施設では、レンタサイクルも実施しています。サイクリングに必要なアクセサリー類のレンタルもあるので、ほぼ手ぶらでもビワイチを楽しむことができます。

ビワイチは走りやすいコースですが、交通量が多いところもあるので、万全を期してヘルメットの着用は忘れずに。必ず車道の左側を一列で走って、夜間はライトをつけましょうね。

コース上には、駐輪場も数多く設置されています。途中で道の駅などもあるので、それぞれの土地にある工芸品や食品なども楽しめます。

日本一を誇る湖を囲む大自然。走り抜けていけば景色も変わり、いつまでも走っていたくなる爽快感。皆さんもぜひ、ビワイチでリアルな琵琶湖を体験してみてください!

スタート&ゴール!ビワイチ守山

JR守山駅へのアクセス
«車の場合»
名神高速・栗東ICより国道8号線方面へ10分

«公共交通機関の場合»
JR京都駅から新快速で25分
JR米原駅から新快速で29分
JR大阪駅から新快速で55分


[文・構成/grape編集部]

提供
滋賀県守山市

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop