海外「日本人やべぇよ!」 美声と映像のギャップが激しいMVに絶賛の声

出典:schmoyoho

2016年、ピコ太郎さんが歌う『PPAP』が国内外で社会現象を起こしました。

そして2017年、「無限ループしてしまう」「頭から離れない」と海外ネットユーザーを夢中にさせているミュージックビデオ(以下、MV)が話題を呼んでいます。

歌声と映像のギャップが激しい

話題のMVは、アメリカの音楽グループ『schmoyoho』が制作した『チキン・アタック』という一曲。歌っているのはドイツで一番有名な日本人と言われる、日本人ヨーデル歌手の石井健雄さんです。

ヨーデルとは、裏声(ファルセット)と、低音の胸声(地声)を頻繁に切り替えながら歌う、アルプス地方発祥の歌唱法。

ヨーデル歌手として成功を収めている石井さんの歌声は「素晴らしい」の一言につきるのですが…このMV、ストーリーも歌詞も含めて、世界観が謎すぎるんです!

一度聴いたら頭から離れなくなってしまう、魅惑の歌声と映像を早速お楽しみください。

鶏が次々と悪者を倒していく中で、響き渡る石井さんの美声…。何でしょう、この意味不明さは!?

そして見終わった後には、また再生ボタンを押そうとしている自分がいる…。何でしょう、この中毒性は!?

ずば抜けて再生回数が多い一曲

『チキン・アタック』は、schmoyohoがYouTube上で公開しているシリーズ『SONG VOYAGE』の一つ。日本以外に、ベトナム・韓国・モンゴル・オーストラリアが公開されています。

他の国をフューチャーした曲が多くて50万回再生なのに比べ、この『チキン・アタック』は公開から約2週間で、200万回以上も再生されるほど、異例の大ヒット!人気の高さが伺えます。

なお、視聴者からはこんなコメントが。

  • PPAPよりも最高じゃないか!!
  • ケンタッキー・フライド・チキンは、この歌を採用すべき。
  • すっごい意味不明だけど、日本人最高じゃん?
  • 5回以上観た人は手をあげて!
  • 今までに観たMVの中で、これが一番最高。

石井さんの美声によるものなのか、それとも謎の世界観によるものなのか、人々の心を捉えて離さないMV『チキン・アタック』。今後、日本への逆輸入なるのでしょうか!?要注目です。


[文・構成/grape編集部]

出典
Chicken Attack // SONG VOYAGE // Japan //

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop