NASA「第2の地球が見つかるのは時間の問題」 地球に似た惑星を7つ発見

太陽系から約40光年離れた宇宙に「地球に似た大きさの惑星が7つある」と、アメリカやベルギーなどの研究者で構成された、国際共同研究チームが発表しました。

発見された惑星が地球に似ているのは、大きさと質量など。生命を育むことができる環境なのかどうかはまだ分からず、今後の研究に期待が集まります。

「TRAPPIST-1」の周辺に地球に似た7つの惑星

今回、発見されたのは、太陽系から約40光年離れた宇宙にある「TRAPPIST-1」という惑星の周囲を回っている7つの惑星です。

約40光年という比較的近い距離で、地球に似た大きさの惑星が7つも同時に発見されたのは、今回が初めて。

この研究が発表されたイギリスの科学誌「ネイチャー」によると、スピッツァ―宇宙望遠鏡など世界の10の望遠鏡を使って観測を行ったそうです。

今後は、アメリカが打ち上げる最新の宇宙望遠鏡などを併用し、大気や水が存在するか否かの確認を行うと言います。

今回の発見を受けてNASAが記者会見

出典
NASANASA Jet Propulsion Laboratory

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop