ヒッチハイクで乗せてくれたのは「世界一貧しい大統領」その人柄が心に沁みる

ウルグアイでの出来事が報道されて話題に。ヒッチハイクをするも、30台ほどの車が通りすぎ、なかなか止まってくれない…ようやく止まってくれた車は1987年製のフォルクスワーゲン・ビートル。乗り込んでビックリ! そこにいたのは、大統領夫妻だったのです。

大統領夫妻は気さくに話しかけ、写真も撮らせてくれます。

なぜ大統領夫妻ほどの人物が、なんのゆかりもない人物を車に乗せてくれたのか? その答えは、大統領の人柄にありました。

ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領は、「世界一貧しい大統領」と呼ばれる人物。日本円で約140万円となる大統領の給料の90%を福祉団体に寄付。国民の平均月収とほぼ変わらない金額で暮らしています。

大統領に与えられる邸宅に住むことも拒み、妻名義の農場で質素な生活を送っているそうです。警備をするのは警官2人と、3本脚の飼い犬のみ。ムヒカ大統領の資産としては、愛車のフォルクスワーゲンだけだと言われています。

12666_10
12666_11

「世界一貧しい」と呼ばれても、ムヒカ大統領自身は不幸だとは考えていません。

2012年の地球サミットでムヒカ大統領が行った、伝説的なスピーチ。小国であるウルグアイのスピーチは最後。自分のスピーチが終わった各国首脳は退席してしまい、ホールに残っている聴衆はわずかだったと言います。

ムヒカ大統領が叫んだメッセージが心に突き刺さります。

午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか?現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?
質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ ーより引用

昔の賢明な方々、エピクロス、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています
「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ ーより引用

毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ ーより引用

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ ーより引用

物があふれる、豊かな国に生まれた私たち。毎日忙しく働き、欲しいものを買っても何か満たされない…。ムヒカ大統領の行動を見て、幸福について今一度立ち止まって考えてみる必要があるかもしれません。

出典
@ObservadorUYhana.biムヒカ大統領の衝撃的なスピーチ【世界で最も貧乏な大統領】

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop