サーブが直撃し、泣いてしまったボールボーイ その時、選手が駆け寄り

出典:ATPWorldTour

2016年に行われたテニスの世界大会・上海マスターズで、なんとも心温まるシーンが見られました。

グリゴール・ディミトロフ選手と、バセク・ポシュピシル選手の試合中、緊迫する空気の中で、ポシュピシル選手が放ったサーブが、なんとボールボーイである少年に直撃

プロテニスプレイヤーが放つサーブのスピードは、200キロを超えることもあります。このボールを受けてしまった少年は、最初は我慢していたものの、あまりの衝撃に泣き出してしまいました。

そんな時、少年に駆け寄る選手の姿が…

少年を気遣ったのは、ディミトロフ選手。まずは少年の状態を確認し、大丈夫そうだとわかると自らのリストバンドを渡し、頭を撫でてあげます。

すると会場から拍手喝采が!少年もメガネを外し、涙を拭いました。

この対応に、多くの称賛が寄せられました。

  • ディミトロフ選手を誇りに思うよ
  • 彼は素晴らしい男だ。タレント性もあるしね
  • ディミトロフは本当にナイスガイ、愛してるわ!

ディミトロフ選手は、以前にも貧血で倒れそうになったボールガールを気遣い、助けた過去があります。

本当のスポーツマンというのは、緊迫する試合の中でも優しさを忘れないものなのですね。ディミトロフ選手と、涙を拭いたボールボーイに拍手を送ります!


[文・構成/grape編集部]

出典
Dimitrov Tends To Injured Ball Boy Shanghai 2016

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop