「後悔ほど消せない痛みはない」子どもの『ひと言』が胸に刺さる

漫画家の高野苺(@ichigo_takano)さんがTwitterに公開した作品が、大きな反響を呼んでいます。

飼っていた金魚が死んでしまったのでしょうか。小さな男の子が、お母さんに「どうしたらいい?」と尋ねています。

それに対して、お母さんは「感謝の気持ちを伝えて、お墓を作ってあげようか」と提案します。

小さな頃に「こんなやりとりをしたことがあるな」と感じるようなシチュエーション。

お母さんからの提案に、男の子はどう答えるのでしょうか?

素朴な疑問が胸に突き刺さる…

出典
@ichigo_takano

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop