『色えんぴつ』と言えば何本入り? 日本の職人が生んだ色数に圧倒される

「色えんぴつ」と言ったら、何色入りを思い浮かべますか?

子どもの頃に使った色えんぴつは、12色入りぐらいでしょうか。「美術部に所属していた」「美大に通っていた」という人は、もっと色数の多い色えんぴつを使ったことがあるかもしれません。

しかし、500色入りを使ったことがあるという人は、さすがに稀ではないでしょうか。

兵庫県にある株式会社フェリシモが発売している色えんぴつは、なんと500色入り。毎月20色ずつ、25回届けられる『500色の色えんぴつ』を1992年から発売しています。

そして、2017年2月にシリーズ第4弾となる『500色の色えんぴつ』の予約販売が開始されました。

国内には、ほとんどなくなってしまった色芯工場で、1本ずつ丁寧に仕上げた色えんぴつは、もはや伝統工芸品の域。

技術を受け継いできた職人さんだからこそ実現できる、微妙な色合いに驚かされます。

500本の色えんぴつが並ぶ姿は、それだけで壮観です。

使いやすさを追求してアップデートされた第4弾

シリーズ第4弾となる、今回の色鉛筆は、「持ちやすさ」を追求して、形状を微妙にアップデートしました。

角の部分に、ほんの少し丸みをつけることで、手に馴染みやすい仕上がりになっています。

毎月届く20色は、テーマごとにセレクトされたもの。美しい情報カードやペーパークラフトと共に、届けられます。

眺めているだけで、幸せな気分になれそうな『500色の色えんぴつ』。

自分へのご褒美や友人へのプレゼントに、ちょっと奮発してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
フェリシモ

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop