猫好きはクリエイティブ?ペットの好みで性格に違いがあるという研究結果!

12526_05

猫と犬、どちらが好きですか?

カリフォルニア大学バークレー校とカリフォルニア州立大学イーストベイ校の科学者たちによる研究の結果、犬好きな人と猫好きな人で性格に違いがあるということがわかりました。

研究は、インターネット上で募集したアメリカ各地のペットオーナー1000人以上にアンケートをとり、その結果を解析したもの。 アンケートではペットに関する質問と合わせて、自分の性格を5つの特性(経験への開放性、勤勉性、外向性、協調性、情緒不安定性)に基づいて評価してもらいました。その結果、ペットの好みによって性格の傾向に違いがあるということが分かりました。

猫好き・犬好きで分かる性格の傾向

猫好きな人

12526_02
  • クリエイティブ志向
  • 大胆で、冒険好き
  • 心配性

犬好きな人

12526_03
  • 外向的、社交的
  • 安定志向
  • 冒険をしない、リスクを避けたがる

神経質な人ほどペットへの愛情度合いが高い

12526_04

また、ペットへの愛情や依存の度合いが高い人ほど、神経質な傾向にあるということも分かりました。

研究に参加したカリフォルニア州立大学イーストベイ校の心理学者グレッチェン・リーヴィ博士は「愛情の度合いや依存度、もしくは神経質さが、ペットへのよりよいケアや理解と関係があるのか、さらに調査を進めるつもりです」と述べており、さらなる研究に期待が高まります。

犬好きか猫好きかで性格の傾向が違うというのは驚きです。私は猫好きなんですが、確かに知らない街を探検するのが大好きなんですよね。みなさんはいかがでしたか?

出典
Are you a cat person or dog person? / Journal of Applied Animal Welfare Science / Helicopter parenting better for pets than for kids, study suggests

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop