東日本大震災から6年、台湾で追悼式典 「台湾と日本は友人」

東日本大震災から6年。2017年3月11日、日本国民はその日を思いながら一日を過ごしました。

同じ日、台湾でも日本を想う人々の姿があったことを産経ニュースが報じました。

東日本大震災から6年となった11日、台北市内の日本台湾交流協会台北事務所で「追悼感恩会」が開かれ、日台の関係者約80人が犠牲者に黙祷(もくとう)をささげた。

産経ニュース ーより引用

台湾に住む日本人と共に、台湾人の人々も黙とうを捧げてくれたのです。

台湾日本人会は、2014年から毎年3月11日に追悼感恩会を行っています。

2017年からは、式が簡素化されました。その理由として、台湾日本人会のFacebookページには「この大事な機会が末永く継承されるよう」と記されています。

日本に対する支援を続けてくれる台湾

東日本大震災発生当時、台湾からは200億円もの義援金が日本に送られました。それだけでなく、宮城県の南三陸病院の再建には22億円以上の寄付もありました。

さらに、熊本地震に対しても6500万円の寄付を行ってくれたのです。

台湾の大学卒の初任給は、日本円に換算し多くて9万円程度。そう考えると、どれほど大きな額を送ってくれたかがわかります。

震災の発生時はもちろんのこと、台湾の人々は時が経っても日本を想ってくれています。来年も、そのまた次の年も、海を越えた先にある『友達』である台湾の人々は日本へ祈りを捧げてくれるのでしょう。

追悼感恩会が行われた交流協会台北事務所の代表、沼田幹男代氏が感謝の意を述べると、台湾側はこのように応じました。

台湾の対日窓口機関、亜東関係協会の邱義仁会長は「震災という不幸の中で、台日間の人々の感情(の交流)が想像を超えて深いことが発見できた」と応じ、復興に向け「がんばれ」と日本語でエールを送った。

産経ニュース ーより引用

天災はなくならない、でも友情は続いていく

2016年に台湾南部を襲った大地震の際には、「東日本大震災の時のご恩を返すとき」と、日本は義援金や調査チームを送るなどの支援を行いました。

人の手で天災を止めることはできません。ですが、人の思いで友情をつなげていくことはできます。

日本と台湾は、これからも手を取り合っていくことができるでしょう。台湾の人々の優しさに感謝します。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース台湾日本人会

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop