愛猫が逝去した1週間後、兄弟猫の首輪に誰かからの手紙が 内容に飼い主は感動

出典:Imgur

イギリスに住むとあるカップルは、ベアテディという兄弟猫と暮らしていました。

しかしある日、ベアが逝去…。愛猫の死に、カップルは悲しみに暮れていました。

兄弟猫の首輪にくくりつけられていた、1通の手紙

ベアの死から1週間後、散歩から帰ってきたテディを見てカップルは首を傾げました。テディの首輪に、メモがくくりつけてあったのです。

「いったい、誰からだろう?」と疑問を抱き、メモを開くと…そこには、『知らない誰か』からのメッセージがつづられていました。

飼い主さんへ。

私は、4号室に住んでいる者です。
そして、あなたの猫の友達です。

2匹は毎日私の部屋に遊びに来るのに、ここ2週間大きいほうの猫が来てくれません。
あの子に、何かあったのでしょうか?心配でなりません。
彼は本当に可愛い猫で、いつも私を癒してくれました。
あの子が元気だといいのですが…。

そう、手紙の送り主はベアとテディの『友達』。どうやら2匹は、毎日送り主の家に遊びに行っていたようです。

しかし、突然ベアが来なくなり、「なにか、あったんじゃないか…」と手紙を送ったのでした。

手紙の送り主にコンタクトを取ったカップル

カップルはメールアドレスを書き添えて、4号室の住人に手紙を出しました。「残念ながら、あの子は天国に行きました」…と。

すると、手紙の送り主からメールが届きます。メールに書かれていたのは、ベアとの思い出話。そして、2匹の写真が添付されていました。

送り主は、台湾から交換留学に来ていた女性。そんな彼女のホームシックを癒してくれたのが、ベアとテディでした。

女性はベッドの上にいる2匹にむかって、大学で行うプレゼンテーションの練習をすることもありました。そんな時、ベアとテディは静かに見守ってくれたそうです。

「メールの内容に、とても感動しました。
ベアが私たち以外の人も幸せにしてくれたことを、誇りに思います」

そんなメッセージと共に、カップルはこの出来事を海外掲示板『Reddit』に投稿。心温まるエピソードに、多くの人から反響が上がりました。

きっとベアは、これからもみんなの心の中に生き続けることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
RedditImgur

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop