小学生の頃『1+1』で強迫神経症に そんな時、医師のひと言が心を救った

小学生の頃、『1+1』がどうして2になるのかわからなかった。

そう話すのは、『アポロにさよなら』などの作品を描く漫画家の道雪 葵さん(@michiyukiaporo)。

この言葉を聞いて、中には「どういうこと?」「なに言ってるの?」と思う方もいるかもしれません。しかし、『1+1』が原因で、道雪さんは強迫神経症になってしまったのです。

【強迫神経症(強迫性障害)】

本人の意思とは無関係に不安(強迫観念)に襲われ、不安を打ち消すための行動(強迫行為)を繰り返す精神疾患。
治療は心理療法によって行われるが、原因は現在も解明されていない。
また、ストレスによって症状が悪化すると言われている。

「ドアの鍵を施錠したか不安で、何度も確認してしまい外出できない」「手が汚れている気がして、皮が剥けるまで洗い続けてしまう」こういった症状も、強迫神経症からなるものです。

自分では「こんなのおかしい」と思っていても行動せずにはいられないため、患者は大きな精神的苦痛を感じてしまいます。

小学生の頃『1+1』で強迫神経症になった話

『1+1』は、算数の基本。しかし道雪さんはその概念がわからず、挫折してしまいます。「なぜ1と1が合わさると、2という物になるの?」と考えてしまったのです。

「まだ解けないの?」
「だから"1+1"は、2なんだってば!」

悪意がないとはいえ、周囲からの言葉でますますストレスを蓄積した道雪さん。結果、日常生活で常に不安が付きまとうようになってしまいます。

強迫神経症を発症してしまい、母に連れられ精神科を受診することになったのです。

強迫神経症から救ってくれた、医師の言葉

出典
@michiyukiaporo

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop