グラブを持ったウィザード 世界に誇る侍ジャパンの守備職人・菊池涼介

野球の国際大会「第4回ワールド・ベースボール・クラシック」(以降はWBC)で6連勝を飾り、無敗で準決勝進出を決めた我らが侍ジャパン。

なんといっても、打線が絶好調ということが快進撃を支えている一因。しかしいくら点数を取っても、その点数を守りきれなければ試合に勝つことはできません。

そんな侍ジャパンの頼れる守備の要といえば、二塁手のポジションに入っている広島カープの菊池涼介選手でしょう。

菊池選手は4年連続ゴールデングラブ賞を受賞。今大会でも毎試合のようにナイスプレーを見せ、相手チームのチャンスをことごとく潰しています。

普通であればヒットの打球がアウトになってしまうのですから、打者からすればセカンド方面には打ちたくないでしょう。

オランダ戦で見せたダイビングキャッチ

菊池選手の今大会のプレイで特に印象深いのは、3月12日に行われたオランダ戦。7回1死ランナー1塁の場面で見せた、こちらの守備。

松井裕樹投手の股を抜く、通常であればセンター前ヒットという当たりを菊池選手はダイビングキャッチ。

そのまま、グラブトスで遊撃手にボールを送り、ランナーをアウトに!

グラブトスでなくても体勢を整えてから送球しても十分、ランナーはアウトにできたようにも見えます。菊池選手は試合後このプレーについてこのように振り返っています。

マウンドに跳ねてくれたから捕れたという感じなんですが、最高の舞台で最高のプレーができたので嬉しいです。

ゲッツーいければ取りたかったんですけど、一つ(アウトを)取れてよかったです。

なんと菊池選手は、あくまでゲッツーを狙っていたからこその素早いグラブトスだったとのこと。

この当たりでゲッツーを狙いにいくあたり、次元が違います。ちなみにこのプレーには、相手チームであるオランダベンチからも拍手が出ていました。

その守備力の高さは同業者たちも認めるほど

出典
@MLBJapan【プロ野球パ】「ヒットダトオモッタノニ…」 ハーミッダ、菊池のハンパない守備に仰天!? 2015/03/18 F-C【プロ野球パ】菊池が芸術的トス…今宮が鋭い当たり放つもダブルプレーに 2015/06/12 H-C【プロ野球パ】ヒット損した?菊池のスーパープレーに本多も苦笑い 2015/03/20 H-C

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop