「僕がいるから大丈夫」末期がんの弟を慰める兄 その姿に涙が

出典:mschikee

オーストラリアに住むシェリルさんは2人の男の子の母親です。シェリルさんの子、お兄ちゃんのウイリアム君はまだ赤ちゃんの弟・トーマス君のことをとても可愛がっています。

A post shared by Ms Chikee (@mschikee) on

写真の中で元気そうな笑顔を見せるトーマス君ですが、実は『悪性ラブドイド腫瘍』と診断されています。医師によると、この子に残された時間は長くないそうなのです…。

診断を受け、シェリルさん一家は悲しみに包まれました。

母が目にした、驚きの光景

ある日のこと、シェリルさんは別の部屋にいる子どもたち二人がやけに静かなことに気が付きます。

「何かこっそりいたずらでもしているんじゃないかしら。もしかするとウィリアムがトーマスの顔をチョコレートだらけにしているかも」

そんなことを考えた彼女はいたずらの瞬間をとらえようとカメラを手に、子どもたちがいる部屋へと忍び足で向かいます。

そこでシェリルさんが見たのは、予想とはまったく違う光景だったのです。

出典
mschikee

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop