男子が、最中(さいちゅう)を『もなか』と読む 教師が秀逸な切り返し?

とある高校に通う生徒が、学校であった出来事をTwitterに投稿し、注目を集めています。

その出来事は現代文の授業中、ある男子生徒が教科書を読んでいた時に起こりました。

男子生徒が読んでいた文章はこちら。

そんな最中、男は…

この場合、最中は「さいちゅう」あるいは「さなか」と読むのが正解でしょう。

しかし、男子生徒は別の読み方をしてしまいます。

クラスの男子「そんな『もなか』、男は…あれ、何がしたいんだコイツ?」

「さいちゅう・さなか」を「もなか」と読み間違えてしまいます。

ちなみに、最中(もなか)とは、餡を皮で挟んだ和菓子のこと。

この文脈で「もなか」と読んでしまうと、ずいぶんと意味が変わってしまうのですが…そこに先生からの鋭いツッコミが入ります!

読み間違えを笑いに変えた先生のツッコミとは?

出典
Twitter

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop