泥棒が5ドルを置いて立ち去る 被害者の涙を誘った理由とは?

※写真はイメージ

言うまでもありませんが、泥棒は決して許される行為ではありません。

しかし、人情として許してしまいたくなる泥棒がいるのも事実です。

アメリカのワシントン州に住む女性宅から風鈴を盗んで行った泥棒が、まさに許してあげたくなってしまうような泥棒だったのです…

玄関に吊るしておいた風鈴を持ち去った泥棒

ある日、玄関に吊るしてあった蝶々をモチーフにした風鈴(ウィンドチャイム)がなくなっていることに気付いた女性。

※写真はイメージ

「泥棒に盗まれてしまったわ」

そう感じ、とても不愉快な想いをします。

それは当然です。盗まれたものの価値に関わらず、物を盗まれれば誰だって良い気分はしません。また、周辺の治安についても不安に感じるのが当然の感覚でしょう。

しかし、この女性は後日、玄関先に置かれてあったモノを見て、この気持ちが一変することになります。

一体、女性の家の玄関先には何が置かれていたのでしょうか?

盗んだ理由が書かれた手紙と5ドル紙幣

出典
USNews24

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop