食器洗いは『お湯』or『水』どっち?  汚れによる使い分け&手荒れの差を確認!

日頃の食器洗い「お湯」と「水」どちらを使用していますか? それぞれどんな汚れに効果的なのでしょうか?

今回は<食器洗いのお湯と水、それぞれの汚れに対する効果や手肌への影響>についてご紹介します。

食器洗いはお湯と水どちらが適している?

Retina pixta 21081109 s

「冬場や油汚れはお湯で洗っている」「手荒れが気になるので水で洗っている」など、食器をお湯か水で洗うのはさまざまな理由がありますよね。

実は、汚れには「お湯で落としやすい汚れ」と「水で落としやすい汚れ」があるのをご存知ですか?

汚れの種類によって使い分けの方法を頭に入れておくと、効果的に汚れを落とすことができそうです。お湯と水、それぞれどんな汚れに適しているのか見ていきましょう。

お湯を使った方が良く落ちる汚れとは?

Retina pixta 4424769 s

肉や魚の脂肪、バター、オリーブオイル、サラダオイルなどの油汚れは、お湯で洗う方が汚れ落ちが良くなります。

油や脂肪分は低温で固まりやすいため、水で洗うと汚れが落ちにくくなってしまいます。お湯で洗うと油の吸着力が落ちるので、汚れ落ちが良くなります。時短にもつながりそうですね。

食器洗いの際、水を使うべき汚れとは?

Retina retina pixta 17088353 s

牛乳、豆乳、卵など「タンパク質の汚れ」には、水の使用が良いようです。それは、「タンパク質は熱を加えると固まる性質」があるから。

生の魚や肉を切った後のまな板も、水で洗うようにしましょう。魚や肉のタンパク質が熱に反応し、こびりつきが生じる場合があります。

Retina pixta 21566236 s

まな板だけでなく、ハンバーグや餃子など、ひき肉をこねたボウルなども、最初は水洗いしておきましょう。概ね汚れが落ちたら、お湯と洗剤で洗います。

お湯で洗う方が汚れが落ちそうなイメージがあるかもしれませんが、水には水の役割があるんですね。

とは言っても、お湯で洗うと手荒れが心配…

出典
食器洗いは「お湯」or「水」どっち? <汚れによる使い分け>&<手荒れの差>を確認!

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop