「失礼な人にはどう応じればいい?」重鎮の潔い教えが、身に染みる

失礼な人に出会ったらどう対処する?

それでは、小池先生の「失礼な人」にどう対処するかを綴ったツイートをご覧ください。

失礼な人は相手にしなくていい

シンプルですが、とても力強い言葉です。

そして、その理由を次のように続けます。

失礼な人というのは、最初から自分と分かり合おうということを放棄しているし、人に失礼であることを己で良しとしている程度の者なのだから。

@koikekazuo ーより引用

相手にしない=無視する理由は、たいした人間ではないから。

さらには「失礼な人は相手にしなくていい」と決めておかないと、自分自身が傷ついてしまうこともあると言うのです。

このツイートに、多くの社会人が「勉強になります」というコメントを寄せています。

  • まさにおっしゃる通り。分かっているのに挑発に乗って傷ついてしまいます…
  • 仕事上、どうしても関わらざるを得ない相手だと、困るんだよなぁ。ただ「失礼な人と同じ土俵に上がる必要はない」という真意は伝わりました
  • 相手にしない。これからはそうやって対応してみます。ありがとうございました

コメントにもあるように、仕事上どうしても関わらなければならない相手が「失礼な人だ」ということもあるでしょう。

しかし、「可能な範囲で相手にしない」など、できるだけ遠ざけることで心の疲弊は防げます。

単純なことではありますが、一度「失礼な人は相手にしなくていい」というルールを自分で作ってみてはいかがでしょうか。もしかしたら、今までよりも少しだけ軽い気持ちで仕事に取り組めるかもしれませんよ。


[文・構成/grape編集部]

出典
@koikekazuo

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop