絶対に泣く…6年間、意識不明の花嫁と 待ち続けた新郎の『8年越しの結婚式』

いまから8年前。2007年3月に結婚式を挙げる予定だった一組のカップル。 10年前に出会った2人が、2年間の交際を経て結婚を決意し、挙式の準備を始めた矢先のことでした。

12802_06

新婦の麻衣さんが突然の病気で意識不明に。 一時は心肺停止、命すら危険な状況に陥りました。

12802_01

いつ目覚めるか、それすらわからない状況で、3ヶ月後に迫った結婚式など考えられるわけもありません。 新郎の尚志さんは、麻衣さんのご両親からも、「もう他のいい人を探したらどう?」といわれますが、それでも麻衣さんの側で回復を祈り続けました。

そして尚志さんはずっと諦めず、麻衣さんが奇跡的に意識を取り戻すまで、約6年間も待ち続けたのです。

12802_02

意識を取り戻した麻衣さんは、それから約2年リハビリを続け、自分の足でバージンロードを歩けるまでに回復。 晴れて『8年越しの結婚式』を迎えたのです。

12802_03

挙式前のベールダウンで母親から言われた「頑張ったね」の一言で麻衣さんの思いが涙とともにあふれ出します。

12802_05

お二人に関わる、すべての人たちの想いの込もった結婚式。涙なくしては見ることのできないその様子をまとめた動画をぜひご覧ください。

出典
【T&G】8年越しの結婚式 - アーヴェリール迎賓館(岡山)

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop