2歳の女の子が肌の黒い人形を買ったら、店員が人種差別!娘が返した言葉は

出典:Brandi Benner

アメリカのサウスカロライナ州に住んでいるブランディ・ベナーさんには、2歳の娘・ソフィアちゃんがいます。

1か月間トイレトレーニングを頑張ったソフィアちゃんに、お母さんは人形を買ってあげることにしました。

肌が黒い人形を選んだ、白人の女の子。しかし…

お店に陳列されている人形の中からソフィアちゃんが選んだのは、肌と髪が黒い人形。

お医者さんごっこが大好きなソフィアちゃんは、聴診器をつけているこの人形を選んだのです。

2人でレジに向かうと、女性店員はこう言ったそうです。

「これから、お友達の誕生日パーティに行くの?」

お母さんは、首を傾げます。なぜそんなことを聞くのか…と。そして、この人形はトイレトレーニングのご褒美であると店員に伝えました。

すると彼女は、困惑した表情でソフィアちゃんにこう言ったのです。

ねえ、この人形で本当にいいの?
この人形、全然あなたに似てないわよ。あなたに似合う人形は、もっと他にあるのに…」

店員が発した言葉の意図に気付き、お母さんは怒りで震えました。彼女が人種差別をしていると分かったからです。

しかし、そんな問いかけを受けてもソフィアちゃんは「うん、これがいいの!」と言い、笑顔でこう返したそうです。

「私も、このお人形もお医者さん。可愛い女の子っていうのも一緒でしょ?
それにね、この子の髪形と聴診器、とっても素敵なの!」

ソフィアちゃんの言葉を聞き、店員は「ええ、とても素敵ね」と言うと、それ以上は何も言いませんでした。

もしかすると、ソフィアちゃんの笑顔と言葉を受け、先ほどの発言を反省したのかもしれません。

世界中から61万以上の「いいね!」

お母さんは、この出来事を自身のFacebookに投稿。すると、世界中の人からコメントが寄せられ、61万以上の「いいね!」が集まりました。

  • お母さん、あなたはこの子の親であることを誇りに思っていいわ!
  • 肌が白い人形を買っていたら、店員はこんな言葉を発しなかったでしょうね…。人種差別は根深いですね。
  • ソフィアちゃんと人形、とっても似ているよ!2人とも、最高にキュートだ!
  • 子どもの純真な心には、時々ふと気付かされることがあるよ。

お母さんは、こう述べました。

肌の色や髪の毛、目の色は、どの色も美しいと思います。

外見に異なる箇所があっても、それは『個性』にほかなりません。

人種差別は、いまだに世界中で根深い問題です。近い将来は、ソフィアちゃんのような考えが『当たり前』になることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
Brandi Benner

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop