介助犬を4年間探し続けた、自閉症の少女 ついに対面を果たすと

※写真はイメージ

ケイダンス・マーサーさんは、高機能自閉症を抱える13歳の女の子。

急に不安に襲われたり、メルトダウン(自分の感情を操作できなくなる状態)を起こしてしまったり…。そんなつらい毎日を過ごしていました。

自閉症の少女、ついに介助犬と出会うことができ…

母であるサラさんは、ケイダンスさんのために介助犬を探していました。しかし、なかなか事は上手く運びませんでした。

介助犬を探し始めてから早4年…。ついに、1匹の介助犬を採用できることに!嬉しさのあまり、感情が溢れ出すケイダンスさんの姿をご覧ください。

どれだけ介助犬に出会えて嬉しいか、ひしひしと伝わってきますね。

きっとケイダンスさんは、これから介助犬と共に一歩ずつ前に進んでいくことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Teen With Autism Weeps Tears of Joy Meeting Her Long-Awaited Service Dog

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop