鎌倉花火大会が中止へ 市の名物行事がなぜ?

神奈川県鎌倉市の夏の風物詩、鎌倉花火大会が2017年度は中止されると決定した。鎌倉市観光協会が2017年4月10日、公式サイトで発表した。

市観光協会の発表によると、10日に開かれた鎌倉花火大会の実行委員会で、市観光協会の申し入れ通り、実行委からの退会が認められた。実行委がそれを受けて協議した結果、実質的な運営に携わる市観光協会抜きで開催するのは難しいと判断した。

市観光協会の発表によると、

「平成28年9月から鎌倉市議会において、当協会が受託しています観光案内所の職員の労働契約に疑義があるとして、当協会の理事会議事録の提出が要求されていました」

市観光協会が議事録の提出に応じないでいると、市の今年度予算で算出された補助金の約4600万円が計上されず支給停止となった。市観光協会はそのため、実行委からの退会を申し入れていたという。

花火大会は1948年に始まり、2017年で69回目の予定だった。「鎌倉の三大観光行事」の1つで、16年度は約15万人を集めている。

出典
J-CAST ニュース

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事










検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop