「大好きなことは、こんなときにしよう」土井善晴先生の言葉に救われる

画像提供:おいしいもの研究所

柔らかな物腰と軽妙なトーク、丁寧な料理の指南が人気の料理研究家、土井善晴先生。

毎日家族の食事を作るのに必死な人たちに向けた言葉が、多くの共感を集めました。

「無理をして三菜も用意しなくてもいいよ。具だくさんの味噌汁があればそれで十分」という『一汁一菜』の考え方です。

この言葉には、日々忙しく過ごす多くの人たちからの「救われた」という感謝の気持ちがネット上にあふれました。

2017年4月13日、土井先生からまた素敵な言葉が発信されました。

大切なことや、大好きなことは

この言葉に、ハッとさせられた人も多いのではないでしょうか。

体調がすぐれなかったり、気分が落ち込んだ時ほど「好きなことをして紛らわせよう」と思いがち。ですが、土井先生は「好きなことは体調が良い時にやろう」と提案しています。

それは、自分や家族のために作る料理にもつながることでした。

土井先生の投稿を見た人からは「救われた!」との声が上がっています。

  • 体調不良の時に料理をすると、味がおかしくなって、さらに食欲が落ちてしまいます。無理に作らなくてもいいんだな。
  • 確かに、気分が悪い時の料理は美味しくない!目からウロコでした。
  • 大切なことを教えてもらえて、嬉しい。
  • 今日作っても美味しくないものになりそう。何か買って帰ります。

しんどい時は、無理せずやれる範囲で。

肩の力を抜くようにしたら自然と気分も上向きになって、作る料理がもっと美味しくなるかもしれません!


[文・構成/grape編集部]

出典
@doiyoshiharu

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop