段ボール会社が考えた粋な支援の形 手のり熊本城を作って復興支援

2017年4月で熊本地震から1年の時が経過しました。

少しずつ復興は進んでいるものの、熊本のシンボルである熊本城の復興はまだ道半ばです。複雑な構造の石垣を持つ熊本城は、復興するまでに約20年もの歳月、そして600億円以上もの費用が掛かると言われています(熊本県試算)。

記憶が風化しないよう、そして支援が途絶えないようにと、富山県の段ボールメーカー・サクラパックス株式会社が一風変わった支援の形を示しました。

その名も『組み建て募金』。

段ボール製の手のひらサイズの熊本城をみんなに作ってもらうことで、復興を支援しようというのです。

カードボードキャッスル「熊本城」は、一個2000円。購入金額のすべてが、熊本城復興のために寄付されます。

『組み建て募金』は2017年4月11日よりスタート。4月16日には、六本木ヒルズにてイベントも開催され、親子やカップルなど多くの人に、小さな熊本城を作ってもらいました。

継続的に支援を行っていくためにも、記憶を風化させないことはとても大切です。熊本城を自分の手で作りながら、今も復興を頑張る人たちを応援してみてはいかがでしょうか。

ダンボール熊本城

金額:2000円
サイズ:長さ80×幅80×高さ87mm


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop