新橋繁華街の地下に存在する旧新橋駅ホーム 今では驚きの施設となっていた

東京メトロ銀座線の秘密を紹介していく「銀座線探偵団」。初回は表参道駅に存在する幻のホームに潜入、第2回は駅そのものが幻とされている萬世橋駅の遺構に潜入しました。そして今回は、新橋駅の旧ホームに潜入します。新橋駅に現在も残り「幻のホーム」として知られるこの場所、映画やアニメにも登場したことも。

過去には何度か一般公開もされました。現在はいったいどうなっているのでしょうか?

幻のホームは、まだまだ"現役"だった

目下、リニューアル工事が着々と進む銀座線新橋駅。虎ノ門方面への出口通路の脇にある鉄扉の先に、幻のホームは存在しています。

まず扉をあけると…工事用の仮囲いが。

ホームだったというには狭すぎる通路(写真中央の手すりをはさんで左)。線路があったらしき部分(写真右部分)には、工事用の仮囲いや資材が置いてあります。

しかし、床を見れば当時のままらしき白線が引いてあります。白線の内側までお下がり…いただけない!

狭い通路を先に進んでいくと、少しひらけたスペースに到着。

あの有名な、タイル張りの「新橋」の駅名標(駅構内に設置された駅名の標識)もありました!

ここが唯一、「ホームらしさ」を残している場所といえるでしょう。

眺めているだけで当時の雰囲気が伝わってくる駅名標。ちなみに、周りの赤レンガに見えるものはイベント用に造られたパネルで、実際の壁はタイル張りになっています。

実はこの「新橋」の駅名標はここだけではありません。

幻のホームのスペース内には会議室もあり、駅員の点呼などに使われています。 さて「新橋」の駅名標はどこにあるのか…わかりますか?

ここでした!

駅名標が見えるように、壁に穴が開けてあるわけです。

いったん会議室を出て、渋谷側ホームの先端部分へ。

そこには、工事用の資機材を地下に運び込むためのクレーンが設置してありました。

そんなわけで、新橋駅にある幻のホームは現在、以下のような用途で使われています。

  • 会議室、休憩室などの駅員用施設
  • 工事用の資機材ヤード
  • 留置線(車両を停車しておくための線路)

いったいどこにある? 幻のホーム

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop