柳沢慎吾さんが出会った『中居正広の兄』が、パンチで強面のアニキだった件

提供:産経新聞社

2017年4月18日深夜に放送されたテレビ東京系バラエティ番組『チマタの噺』に、タレントの柳沢慎吾さんが出演。

昭和の大スターといわれる若山富三郎さんや山城新伍さんなど、柳沢さんが今までに出会った大物芸能人とのエピソードを語りました。

その中に1人、意外な人物が!

それは元SMAPの中居正広さん…ではなく、そのお兄さんです。

柳沢さんは、1995年にテレビ朝日系列で放送されたドラマ『味いちもんめ』で、中居さんと共演しています。

共演者で食事に行く流れになり、柳沢さんたちは中居さんにも声をかけたそうですが、「お兄さんが来ているから」という理由で断られてしまいます。

しかし、柳沢さんは「せっかくだから」と、お兄さんも一緒に食事に誘い、結果として同席することになったのです。

柳沢さんたちは先にステーキハウスで食事をしており、途中から中居さんとお兄さんが合流。その時のことを柳沢さんは、いまでも鮮明に覚えているといいます。

パンチパーマでコワ面の兄貴?

柳沢さんたちは、人当たりのよい中居さんの性格から考えて、お兄さんもとても陽気な人だと想像していたようです。

しかし、実際にステーキハウスに登場した中居さんのお兄さんはパンチパーマのコワ面。

さらには、見た目だけにとどまらず、話す内容も男らしさにあふれていたというのです。

お兄さん「慎吾さん、うちの正広、生意気じゃないですか?」

柳沢さん「全然生意気じゃないよ。スゴい、いい子だよ。スタッフにも愛されてるし、出演者からも愛されてるし、最高だよ」

お兄さん「そうですか。もし生意気なことを言ったら…ぶっ飛ばしてくださいよ」

チマタの噺 ーより引用

こ、コワッッッ!!!

柳沢さんも衝撃的だったようで、身振り手振りを交えて、当時の状況を再現していました。

このエピソードが披露されると、Twitterにはさまざまなコメントが投稿されます。

  • 中居さんのお兄さんもオーラがスゴそう。
  • どんだけイカつい人なんですか。
  • 実際に見てみたいです。

中居さんも若いころはとてもヤンチャだったようですし、当時は20代前半。「弟が仕事で共演者に迷惑をかけていないか」と、兄として心配だったのでしょう。

そう考えると、見た目は怖そうでも弟想いの優しいお兄さん。中居さんの活躍を誰よりも喜んでいるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
チマタの噺@TVTOKYO_DOUGA

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop