「その1粒がストレスでした」ひっくり返さなくても出せる、ナイスな米びつ

お米を普段、どんな風に保管していますか。袋のまま常温で保管している、という人も多いかもしれません。

容器に移し替える場合には、こんな悩みがあるかと思います。

  • 湿気や虫の侵入が気になる。
  • 見た目がイマイチで。
  • 残り少なくなった時、容器をひっくり返さなくては全て出し切れない。

これらのストレスが、一気に解消する収納アイテムがこちら!

『密閉 シンク下米びつ』

見た目はスタイリッシュな米びつ、という感じですが、実はお米が少なくなってきてからがおもしろいんです。

この米びつ、底面が中心に向かって斜めになっていて、真ん中の辺りに溝があります。お米が少なくなってくると、自然とこの溝に溜まるようになっています。

そしてそこで、溝のサイズにピッタリな、専用の計量カップを使うと、この通り。

底面が平らなタッパーだと、残りわずかなのに上手くすくえなくて、米びつごと傾ける必要がありました。

しかしこの米びつなら、最後の1粒まできれいにすくい取ることができます。これは実際に試してみて欲しいのですが、本当に気持ちいいですよ。

サイズも5kgのお米が入る大きさで、冷蔵庫の野菜室やシンクの下などに入れるのにちょうどいい形。

出し入れ口も大きいので、袋からの移し替えもすぐできますし、しっかりと密閉してくれるので匂い移りや虫の侵入も防いでくれます。

お米は常温で販売されていることが多いですが、野菜などと同じ生鮮食品。特に暑くなってくると、虫が発生する心配もあるほか、美味しく食べられる期間も短くなってきます。

使いやすい米びつでしっかり保管して、最後の1粒まで美味しくいただきたいですね。

専用の計量カップがセットになった『密閉 シンク下米びつ』は、清潔感のある『ホワイト』と、スタイリッシュな『ブラック』の2種類を、grape SHOPでお求めいただけます。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop