「こんなの食べられない!」日本の美しすぎる『飴細工』に驚愕

日本の伝統文化である飴細工で作られた、一輪の青いバラ。そのあまりにも美しい姿は、多くの注目を集めた。

  • 日本の職人技に感動です。
  • バラでしかもブルーなところが、さらに洒落ていますね。
  • すごい、食べるのがもったいなくなる!飴細工とは思えない精巧な作りが、まさに芸術品ですね。

確かに口に入れるのをためらってしまうほど美しいバラ。ほかにもさまざまな飴細工が注目をあびている。

一体どうやって飴だけで作り上げるのか…そこでgrape編集部は、日本で初めて飴細工のお店を開いた『あめ細工 吉原』に行ってきた。

年配には懐かしく、若者には新しい

東京都文京区の千駄木駅から徒歩3分の距離にある店舗は、古民家のような空間。

そこには、手に取ってみたくなる飴細工が数多く並べられている。

動物や招き猫をはじめ、可愛らしい天使の姿をしたものなど、実にさまざまな形が飴だけで表現されていた。

どこか懐かしさを感じる飴細工について、飴細工師の吉原孝洋さんに詳しく伺ってみた。

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop