チューリップの名曲『サボテンの花』の花言葉を知っていますか

FM93AM1242ニッポン放送のお昼の番組『土屋礼央レオなるど』

5/15(月)の放送に「惚れてまうやろ~」でお馴染み、お笑いコンビ・Wエンジンのチャンカワイが登場!

女子のキュンとする言動に“惚れてまうやろ~”と叫んでしまうチャンさんですが、今回番組にやってきたのは、それを語るからではありません!

実はチャンさん、アーティストの事を“先生”…歌詞カードを“教科書”と言うくらいの音楽通。そこで今日は、チャンさんオススメの楽曲を独自の目線でアツ~く語ってもらいました!

サボテンの花,チューリップ

まずは『サボテンの花/チューリップ』

冒頭で「ほんの小さな出来事に」といいつつ、とても寒い真冬に外に飛び出す女の子。

本当は何か大きな事が起きていることを分かっている男の子。

そんな二人を歌った深みのある失恋ソングなんだとか。

さらに、サボテンの花言葉は『枯れない愛』。

失恋ソングであり、枯れはしない愛を歌った“勇気ソング”にもなりうる曲なんだそうです。

槇原敬之,桃

そして2曲目は『桃/槇原敬之』

チャンさん曰く、この曲でいう桃の柔らかい部分とは、人の弱い部分なんだとか。ストレートに言うよりも桃を使って表現すること、よりわかりやすいものにしているそうです。

ただ…果物の中でなぜ桃を選んだのか…。それは曲の2番を聴いていくと、段々と分かってきます。

『お守りの中に入っている木が桃の木=相手を守りたい』

『理想の世界=桃源郷』

…などなど、桃には様々な意味合いがあります。

そんな桃の特徴をフルコースで表しているのがこの曲なんだそうです。

ただ、槇原さん本人には全く確認をとってないので、完全にチャンさんの想像なんだとか(笑)

番組の様子はradiko(ラジコ)を使って、パソコンやスマホから聴くことができます。

下の画像をクリックして、放送の様子を聴いてみてくださいね!

※ 2017年5月23日 午前5時までお聴きいただけます。

※ ニッポン放送radikoは関東地方でのみ視聴可能です。その他の地域の方はエリアフリーをご契約いただくと視聴が可能です。

shovel_logo

気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」

FMラジオ・AMラジオのニッポン放送が運営。番組やイベント以外にも記事やコンテンツが満載。ラジオを聴いていなくても楽しいWebマガジンです。 ⇒http://www.1242.com/

出典
槇原敬之 - 桃

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop