「子どもの純粋な心に泣いた」 義足をつけた女の子に、友人たちは

※写真はイメージ

BBSの記者が撮影した動画が、全世界で話題になっています。

イギリスに住む7歳のアヌちゃんは、生まれてすぐに右足を切断しなければなりませんでした。

物心ついた時から、義足をつけて暮らしてきたアヌちゃん。ある日、運動用の義足を新調しました。

義足をつけた7歳の女の子に、友人たちは…

新しい義足は、可愛らしいピンク色!アヌちゃんは、左足に同じくピンク色のスニーカーを履きました。

遊び場に現れたアヌちゃんを見て、クラスメイトたちが集まってきます。

「素敵だね!」「かわいいー!」

アヌちゃんを抱きしめ、口々にそういうクラスメイトたち。一緒に、笑顔で走り出しました。

きっと、アヌちゃんや友人たちにとっては「義足を変えた」というより、「新しい靴を買った」という認識なのでしょう。

この出来事に対し、「子どもの純真さにハッとさせられた」「彼女たちの中には、差別というものはないんだ!」といったコメントが寄せられています。

この義足はアヌちゃんに合わせて作られているため、使い心地は抜群!いままで以上に遊びまわることができ、アヌちゃんは大喜びしているそうです。

【お詫びと訂正】2017年5月17日12時00分

本記事内でアヌちゃんに関し「生まれつき右足がない」という表現がございましたが、誤りがありました。訂正し、お詫び申し上げます。


[文・構成/grape編集部]

出典
Amazing reaction to Anu's new blade - BBC NewsBBC Midlands Today

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop