11歳から車いすテニスを始めた女性が大会2連覇!「ステップアップできてる」

2017年6月8日から開催されていた全仏オープン車いすテニスの部で、上地結衣(かみじゆい)選手がシングルス・ダブルスを制覇。

シングルス決勝戦では、サビーネ・エラーブロック(ドイツ)選手を7-5、6-4で制し、2014年以来3年ぶりの優勝を飾ります。

また、同日に開催されたダブルスでは、マリヨレン・バウス(オランダ)選手とペアを組み、2016年大会より2大会連続で優勝となり、単複2冠を達成しました。

上地結衣選手のコメント

一年ぶりのクレーコートでの試合は、初戦からハードでしたが帯同してくださったコーチとトレーナー、そして現地でサポートしてくださった日本人の方々のおかげで最後まで戦い抜くことができました。

すべての試合が納得のいくものではありませんでしたが、自分のイメージした通りの展開や練習を重ねてきたバックのトップスピンで、ポイントを重ねていくことも増えてきて、1つずつステップアップできている感覚もあるので、また次に向けて頑張りたいと思います。

車いすテニス女子世界ランキング2位の上地選手、今後の試合も目が離せなくなりそうですね。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop