「もっと試合を観たい!」ユニフォーム姿の元AKB48宮澤佐江が、あの競技にハマる

2016年にAKB48を卒業した宮澤佐江さんが、日本フットサルリーグ(Fリーグ)の第一節に登場。ユニフォーム姿を披露しました。

フットボールブランド『sfida』のイメージガールに就任し、発表会見に挑んだ宮澤さんは、『昇華プラクティスシャツ』と『昇華プラクティスパンツ』を着用して登壇。天真爛漫な彼女に、とてもお似合いでした!

Fリーグの試合を始めて観戦した宮澤さん。試合の迫力に興奮が隠せなかった様子でした。

お客さんと選手の距離が近いので、シューズがピッチにこすれて「キュッキュ」も聞こえて、観てる方も選手への感情移入がしやすい。選手の方の戦いの声が、私の客席の方まで届いて、そのリアルさとか、激しさに、もっと試合を観たいなと思いました。

また、会見ではリフティングにもチャレンジ。「できるかな」といいながらも「よっ、よっ」とボールを蹴ってくれました。

宮澤さんは今後イメージガールとして、カタログ起用や、サプライヤーチームの激励などが検討されているそうです。


[文・構成/grape編集部]

出典
株式会社イミオ

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop