あなたはどのタイプ?汗のにおいの原因には5つの種類があった

ジッとしていても汗をかく夏。ニオイが気になってしまうことはありませんか。

資生堂が、20~40代の男女500名を対象に、「汗のニオイ」について意識・実態調査を行いました。

原因を5つのタイプに分類

ニオイにより周囲を不快にさせる『スメハラ』(スメルハラスメント)が話題になるなど、社会的にニオイへの関心が高まっています。

実際に調査では、「仕事中、自分の汗のニオイが不安になった経験はありますか?」との質問に、91%が「ある」と回答。

また「春から夏にかけては、仕事中に汗のニオイが気になりやすいと思う」と答えた人も83%にのぼりました。

そんなニオイの原因の1つとなる汗のかき方を資生堂が5つのタイプに分類。

  • 屋外臭タイプ:外回りや外での作業など、屋外にいることが多い(直射日光を浴びやすい)
  • 環境臭タイプ:仕事環境の温度・湿度が高い(室内が暑い)
  • 活動臭タイプ:仕事中の活動量が多い(動き回ることが多い)
  • ムレ臭タイプ:デスクワーク・受付・運転など、仕事中に同じ姿勢でいることが続く(ワキ・太ももなどがムレる)
  • 着衣臭タイプ:仕事における着衣の自由がきかない(ジャケットや制服などの着用が義務付けられている)

どのタイプが多いのかアンケートを取ったところ、次のような結果になりました。

  • ムレ臭タイプ(46%)
  • 活動臭タイプ(39%)
  • 環境臭タイプ(27%)
  • 着衣臭タイプ(19%)
  • 屋外臭タイプ(17%)

また、「汗のニオイは、職業によってタイプが異なると思いますか?」という質問では、81%が「そう思う」と回答。各タイプには、次のような職業の人が多く分類されています。

屋外臭タイプ

保育士「立ちっぱなしでプールに数時間いる時など、汗が気になる」

塗装工「屋外作業がほとんどなので汗をかく」

農家「農作業中は汗をかきやすい」

環境臭タイプ

教師「夏、冷房がない教室での授業は、すごく汗をかく」

調理師「火を使う仕事なので常に暑い。食洗機の熱気でも汗をかく」

介護士「利用者にあわせて室内温度を設定しているため、職員との体感温度差が大きい」

活動臭タイプ

看護師「施設の中を動き回っているので」

販売「アパレルの販売をしており、作業が多くずっと体を動かしている」

配達員「荷物の積み降ろしで、夏はすごく汗をかく」

ムレ臭タイプ

事務「座りっぱなしなので、イスと接触している部分がムレやすい」

エンジニア「1日椅子に座って、同じ姿勢で作業しているから」

デザイナー「デスクワークで、ほぼ動かないため、下半身が蒸れる」

着衣臭タイプ

営業「夏でもジャケットで、脱いだ後には汗のニオイが残っている」

乗務員「常に長袖ジャケットを着ていなければならないから」

サービス「ホテルのフロント業務のため、制服が決まっていて、しかも1着しかない」

では、これらのタイプ別の汗のかき方では、どのような対策をしたらよいのでしょうか。美容ジャーナリストが、適切なケア方法を紹介します。

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop