小学生の頃に考えた『百年計画』 見返してみたら「理想高ッ!」

高校生のりょう(@ryo20001122)さんは、ある日懐かしいものを見つけました。

「コレ、小学生の頃に書いた"百年計画"だ!」

『百年計画』とは、10代から100代までの、自身の計画などを書き記すというもの。いわゆる『未来設計図』のようなものです。

幼き日に描いた未来の自分は『10代…働く、免許をとる』『20代…整備士になる』といった、なかなか現実的なもの。

しかし、読み進めていくと…!

ん!?なんだかものすごく理想が高いぞ!?

優雅な生活を思う存分楽しんだ後、急死して天国へ旅立つ…『急死』が一体どういった原因なのかは分かりませんが、とりあえず長寿は全うできそうです。

確かに『理想が高い』といわれてしまえばそれまでですが、子どもの持つ未来への希望が伝わってきますね!

※プライバシー保護のため、一部画像を加工しております。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ryo20001122

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop