選べるのならどれがいいですか 見ているだけでときめく夢の『農場』あります

出典:floretflower

ワシントンの農場で膨大な数の花を育て、提供しているファーマー・フローリストのエリン・ベンザカインさん。

ファーマー・フローリストとは

分業せず、1人で『農家』と『花屋』の仕事をしている人のこと。

エリンさんの経営している農場には、見ると心が清らかになりそうな美しい光景がたくさんあります。

圧倒されてしまう、こちらの画像をご覧ください。

なんて、美しい…。

大量の花がトラックにしきつめられると、アートになり得るんですね!

エリンさんにとっても、思い入れのある1枚だといいます。

リトルファットドラゴンと呼ばれ、愛されてきたこのトラックは、農場の心臓です。

さまざまな花や道具を乗せ、私たちとあらゆる時間を共有してきました。

出会った時からかけがえのない存在になるだろうと思っていましたが、その予感は当たったのです。

floretflower ーより引用(和訳)

広大な農場でこれほど質の高い花を管理し続けるのは、きっと想像以上に大変だと思います。

「自然に囲まれて暮らすこと」が小さい頃からの夢だったエリンさんは、2001年に家族4人で都会を離れ、現在の生活を始めたそうです。

農場が繁栄し、忙しくなっても「最初のお客様にブーケを手渡したときの感動は忘れずにいたい」と話すエリンさん。

トラックを埋め尽くしていたのは『商品』ではなく、彼女が心を込めて育ててきた『夢』そのものかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
floretflower

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop