佐藤二朗、野際陽子との思い出を語る しんみりとしたツイートに涙

2017年6月15日、女優の野際陽子さんが肺せん癌のため、13日に亡くなっていたことが分かりました。81歳でした。

野際さんは、NHKのアナウンサーを経て、1963年に女優デビュー。ドラマ『キイハンター』で人気女優の仲間入りを果たしました。

その後も、ドラマ『ずっとあなたが好きだった』や『浅見光彦シリーズ』『TRICK』など数多くのドラマや映画で活躍。

突然の訃報に、芸能界から悲しみの声が多数寄せられています。

野際さんの知られざる一面

いつもユニークなツイートでファンを楽しませている俳優の佐藤二朗さんも、訃報の知らせを受け、野際さんの知られざる一面を告白しています。

10年ほど前のこと、当時流行していた『鉛筆回し』を真剣に練習していた野際さん。佐藤さんは、そんな野際さんの姿を見て人としての品格を感じたと語ります。

目下の人たちの小さな流行を見下すことなく、むしろ吸収しようとするその姿に、人としての品格を感じた。

@actor_satojiro ーより引用

どんな些細なことでも興味を持ち、吸収しようとする野際さんの飽くなき向上心を感じるストーリーです。

佐藤さんの普段とは違うしんみりとしたツイートに、さまざまな反応が寄せられています。

  • 野際さんの生き様を物語っていますね。やはり凄い人だと感じます。
  • いろんな意味で、本当に『美しい女優』さんでしたね。
  • 素敵なエピソードです。野際さんは、天国で「思い出すのそれかよ!」とつっこんでいることでしょう。

野際さんが日本を代表する女優の1人と称されるのは、何事にも真面目に取り組む姿勢や、こうした気さくな一面も理由にあるのでしょう。

改めて、野際さんのご冥福を心から祈ります。


[文・構成/grape編集部]

出典
@actor_satojiro

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop