男性下着、常識が10年で変わる! 若い世代は一周してボクサーがおじさん下着に?

一昔前なら、男性が履くパンツはトランクスが「常識」だった。ところがこの10年ほどで、潮流はかなり変わって、ボクサー派が大きく勢力を伸ばしているという。

男の下着をめぐる最新情勢を、メーカー各社に尋ねた。

10年前はトランクスが半数だったが

「今の主流は、完全にボクサーですね」――J-CASTニュースの取材に、グンゼのメンズ&キッズMD部部長・南晶宏さんはそう語った。

グンゼによる購入実態調査によれば、最新の17年春夏時点の勢力図は、「ボクサー」が41%と最多なのに対し、いわゆる一般的な「トランクス(布帛トランクス)」は28%留まり。2006年時点では50%と安定多数を占めていたのが、この約10年で20ポイント近く減ったことになる。

ワコールも、ウェブサイトでの販売は「若い利用者の年齢層には、ボクサーパンツが圧倒的です」。「B.V.D.」ブランドの富士紡ホールディングス(HD)の販売実績(2016年度)でも、トランクスが約3割なのに対し、ボクサーが4割と優勢で、かつボクサー購入者の4割は20代だという。特に若い層では、ボクサーの人気はすっかり定着したようだ。

言われてみれば、記者(31歳男性)自身、いつの間にか完全にボクサーに乗り換えてしまった。「主役」はいつから交代したのだろうか。

そもそも歴史をたどれば、男性用の下着として、戦後まず普及したのはトランクスだった。1950年代に入ると、米国発のブリーフが急速に普及するが、1980年代に入ると失速、再びトランクスの時代に入る。ボクサーは90年代から登場したものの、「おしゃれ下着」というイメージが強く、主流を奪うには至っていなかった。

細身のアウター流行がボクサー後押し

そんなボクサーが勃興した原因の一つは、この10年ほど流行が続く、細身のズボン(ボトムス)だ。ワコールは以下のように分析する。

「若年層では、男性のアウタートレンドが細身のシルエットになっているせいか、『綺麗に・快適に』履けるボクサータイプが人気かと思われます。最近では身だしなみを意識する男性が増加しており、男性用化粧品が注目されていることからも、このような推測ができます」

グンゼの南さんも、「トランクスと違い、タイトなジーンズなどと合わせても中でもたつかない」ボクサーの特性が、人気の一因だと話す。また、日本人は肌着への関心が総じて高い傾向があり、だからこそ流行の変化にも積極的に対応した、という側面もあるという。

おじさんはまだまだトランクス?

出典
J-CAST ニュース

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop