20代の時に考えていた体力の低下 でも、40代になると「現実は違った!」

体力があり、何をしていてもエネルギーがみなぎって来るような感覚すらある20代前半。

社会人になり、新しいことを吸収していって、前向きに仕事に取り組む…やる気に満ちあふれた時期でもあります。

年齢を重ねるごとに体力が低下していくんだろうな

そんな漠然としたイメージは持っていても、具体的に「40代の体力低下」は理解できません。

大抵の人は、こんな体力の低下を想像しているのではないでしょうか。

しかし、現実はそれほど甘いものではありませんでした。

実際には『体力低下』などという生ぬるいものではなく、もっと深刻なものだったのです!

体力落下!!!

ゆるやかに体力が『低下』していくのではなく、30代、40代と年齢を重ねるごとに、一気に『落下』してくようなイメージです。

この残酷な現実を図にして公開したのは、前田 耕作(@maedax_x)さん。

多くの人が「これは20代には分からないだろう」と、共感のコメントを寄せました。

  • 経験した人間にしか理解できない体力の落下。悲しいかな、とてもよく分かります。
  • ホントにこれ!20代の時には想像もできなかったなぁ。
  • 20代の時は理解できなくていい。誰もが直面する現実問題なんだから。

もちろん、自己管理や努力によって体力の落下をゆるやかにすることはできるはず。

20代の時から意識することも大切ですが、コメントの中には「40代になってからでも体力アップはできますよ」といったものもありました。

『体力落下』を多少でも食い止めることができれば、仕事も遊びも、もっと楽しくなるかもしれませんよ!


[文・構成/grape編集部]

出典
@maedax_x

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop