仏下院選決選投票、マクロン派が過半数を大幅に上回る見通し

フランスのエマニュエル・マクロン大統領。首都パリ近郊のシュレーヌで(2017年6月18日撮影)。(c)AFP/bertrand GUAY

【AFP=時事】(更新)フランスで18日、下院選の決選投票が行われ、投票終了直後に出された予測によると、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領(39)の中道政党「共和国前進(REM)」をはじめとするマクロン派が過半数を大幅に上回る議席を獲得する見通しであることが明らかになった。

定数577のうち、結党から1年の共和国前進と、その同盟関係にある党とが合わせて355~425議席を獲得し、政治地図を劇的に塗り替える見通しだ。

予測通りなら、マクロン派はフランスの戦後最大の多数派となり、同氏の企業寄りで親欧州連合(EU)派の政策実施に向け優位を固めることになる。

ただ投票率が極めて低い44%前後になるとみられており、反マクロン派はこの投票率の低さを根拠に、マクロン大統領が圧倒的支持を得ているわけではないと主張している。

新たな下院では若返りと人種的多様性がさらに進み、女性議員の数が大幅に増える見通しで、1958年の第5共和政発足、さらにさかのぼって1945年のフランス民主主義再生に匹敵する大転換になるという見方もある。

AFPBB News

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつ、AFP通信のニュースを毎日約300枚の写真とともに配信しているサイトです。 (c)AFPBB News
http://www.afpbb.com/

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop