「青春真っ盛りだな」17歳のキキが日本の高校生活を送ったら?

13歳になると一人立ちしなければいけない魔女・キキの成長を描いた作品『魔女の宅急便』。スタジオジブリの名作の1つで、1989年に公開されたアニメ映画です。

そんな『魔女の宅急便』を、なんと「17歳になったキキが、日本で高校生活を送っていたら」というアナザーストーリーで映像化。

『HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇』として、公開されました。

もしも、キキやとんぼが現代で高校生活を送っていたら…青春の物語をご覧ください。

胸がキュンキュンする

ストーリー

相棒の黒猫ジジと元気に横浜で暮らす女子高生、キキ17歳。

同じ高校に通う幼馴染のとんぼに、淡い恋心を抱いています。ある日、とんぼが後輩の女の子から告白されるところを、偶然にも目撃してしまい、心がざわつくキキ。

この気持ち、うまくお届けできますか?

キキ

空を飛ぶ魔法が使えて、赤いリボンがチャームポイント。遅刻しそうな日はこっそり箒で通学することもあります。

パン屋さんで週3日、配達のアルバイトをし、性格は明るくておてんばだが、恋のことになると臆病に。

とんぼ

ドローン部の部長を務めている高校生。少年の心のまま大きくなったような青年で、夏に控えるドローン部の発表会と「浜辺で、若者ワイワイ」というお祭りのことで頭がいっぱいになっています。

キキの恋心にも、まったく気付いていません。

2人の恋の行方はどうなるのか…続きが気になる『HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇』。

できることなら長編アニメ化してほしいものですね。


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop