記者「DNA検査をしてみろ。猿か、ゴリラだ」 差別された黒人選手は?

スペイン・サッカー1部リーグの『エスパニョール』というチームに所属する、エクアドル人のフェリペ・カイセド選手。

ヨーロッパのクラブを主戦場にする一方、エクアドル代表に16歳で選ばれるなど、国際大会でも活躍する一流選手です。

そんなカイセド選手が酷すぎる人種差別を受けたと報じられます。

エクアドル人は黒くないよ。

DNAを調べてみれば、彼(カイセド選手)が人間でないことをはすぐに分かるだろう。

猿か、もしくはゴリラだ。

このあまりにも酷い人種差別発言をしたのは、チリを拠点に活動するジャーナリスト。

当然、「このレイシスト(人種差別主義者)を許すな!」と世界中から批判されます。

こういった周囲の騒動に対し、カイセド選手が自身のTwitterアカウントに、現在の気持ちを投稿します。

その内容が素晴らしく、「これぞ神対応だ!」と話題に。

「猿かゴリラだ」とまでいわれた、カイセド選手の対応をぜひご覧ください。

人種差別に対して、声を上げてくれたすべての人に「ありがとう」といいたい。

その人(差別発言をしたジャーナリスト)は、チリという国を代表しているわけではないことも分かっているし、正しい価値観の欠如や理解できない憎悪を表現しているだけなのだろう。

レイシズムにノーを。

@FelipaoCaicedo ーより引用

差別発言をしたジャーナリストをののしるのではなく、「彼がチリという国を代表しているとは思っていない」と、チリを擁護します。

また、支援の声を上げたファンに対し、感謝の気持ちを表現したのです。

この『神対応』ともいうべきツイートに、「素晴らしい人格者だ」と絶賛の声が寄せられます。

  • 誰かを恨んだり、憎んだりする代わりに、愛情を表現したカイセド選手に敬意を表します。
  • 本当に素晴らしい対応。汚い言葉で罵っても許されるぐらい酷いことをいわれたのに…。
  • このジャーナリストは酷い。カイセド選手を見習うべきだ。

残念なことに、ヨーロッパのサッカーリーグでは汚い言葉で黒人選手をののしったり、グラウンドにバナナを投げ入れて、差別を表現する人がいます。

しかし、そういった発言をするのは、極一部の限られた人だけ。本物のファンは、肌の色で応援する選手を決めたりしません。

サッカー界のみならず、さまざまな場所に残っている人種差別。こういった下らない思想が、世界からなくなることが望まれています。


[文・構成/grape編集部]

出典
@FelipaoCaicedo

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop