消火器の歴史が変わる!? 大学生が開発した水も粉も使わない消火器がスゴイ!

13120_04

アメリカ、ジョージメイソン大学。この大学に通うViet TranとSeth Robertsonの二人は消火器の歴史を変えるかもしれないある装置を作り出しました。

13120_03

出典:YouTube

Sethが持つのはケーブルがつながったまるで取っ手のついたゴミ箱のような機械。この機械を炎に向けると。

13120_02

出典:YouTube

なんと、炎が一瞬で消えました!

13120_01

出典:YouTube

この装置からは低周波が発生しており、その作用により火が消えるそうです。低周波で火が消える複雑な理論はわかりませんが、従来の方法と全く異なるのはご覧のとおり。

周囲も汚れず、更に継続利用が可能なため、今後安全性が確認され量産化されれば、水や粉で汚れては困る図書館やコンピューター関連の施設は大助かりですね。

さらに大型化されれば山火事の様に長い距離を何度も往復して水を補給しなくてはならない火災などで継続して消火活動が出来るようになるかもしれません。

まだまだ夢物語ですが、消火器の歴史に新たな1ページが刻まれたことは間違いなさそうです。

まだ若いお二人の今後に大いに期待しましょう!

出典
Pump Up the Bass to Douse a Blaze: Mason Students' Invention Fights Fires

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop