「これが飴細工?」夏の金魚祭りが幻想的で美にあふれてる!

すみだ水族館の全長100メートルにおよぶ展示エリアで、約1000匹の金魚を鑑賞できるイベントが開催されます。

館内は、金魚ちょうちん発祥の地、山口県柳井市の職人が手作業で制作した、150個の金魚ちょうちんが祭りムードを演出。

水槽の中では、ワキン、リュウキン、ランチュウなど約20品種の金魚、約1000匹がひらひらと泳ぎます。

さらに伝統飴細工専門店である、浅草・飴細工『アメシン』が新たに制作した、精巧な金魚の飴細工10種も展示。

ほかにも美しい金魚の色や模様を再現する、体験プログラム『きんぎょの色あわせ』や金魚鉢をイメージしたドリンク『金魚ソーダ』などの特別メニューも登場するので、お祭りムードがいっそう盛り上がりそうです。

夏の風物詩の1つ金魚。江戸をテーマにした展示エリアで、伝統的な日本の夏を感じてみてはいかがでしょうか。

東京金魚ワンダーランド

期間:2017年7月10日(月)~ 8月31日
会場:すみだ水族館


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop