中国の航空会社の制服が美しい 「これを着るために就職したい」との声も

※写真はイメージ

客室乗務員が身にまとう『制服』は、彼らの立ち居振る舞いと同じく、会社のイメージを左右する大事な要素の1つ。

※写真はイメージ

ヴィヴィアン・ウエストウッドやクリスチャン・ディオールなど、有名ファッションブランドのデザイナーが客室乗務員の制服を手がけることは珍しくありません。

個性あふれる各社の制服の中でも、中国の航空会社『海南航空』の新しい制服が「美しい」と絶賛されています。

チャイナドレスをモチーフにした制服には繊細な模様が施され、優雅で洗練された印象。対する男性は、グレー1色の清潔感あふれる制服です。

パリコレでお披露目

デザインを手がけたのは、中国人ファッションデザイナーのローレンス・シュウ氏。

2013年に発表された秋冬のオートクチュール・コレクションでは、中国と西洋の文化を見事に融合させたデザインが話題を呼びました。

2017年に発表された海南航空の制服も、中国の伝統的なデザインに現代的な要素が取り入れられ、いままでにない見事な仕上がりです。

また、ローレンス氏と海南航空はInstagramを通じて、制服製作のために「1000枚を超えるスケッチを描き、100着以上のサンプルを製作した」と明かしています。

多大な労力と情熱を費やしたかいもあり、発表直後から絶賛のコメントが寄せられました。

  • この制服を着るために、海南航空の客室乗務員を目指す!なんて、怒られるかな?
  • 美しい…!海南航空をぜひ利用したいと思ったよ。
  • 品があり、洗練されていて、どこか色っぽい…。こんな制服見たことないよ。

こんな素敵な制服でサービスを受けたら、思わず見惚れてしまいそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
hainanairlinesHAINAN AIRLINES

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop