小学校の先生が編み出した、素敵な授業 「自分の学校でもやってみたい」と絶賛

※写真はイメージ

「この本を題材に、自由に絵を描きましょう!」

読んだ本のイメージを絵にする『読書感想画』

学生時代に描いたことのある人や、我が子の宿題として取り組んだことのある人もいるでしょう。

そんな『読書感想画』を、珍しい形で実践した先生がいました。

全校生徒に呼びかけ 「一人ひとりが思う絵を」

舞台はアメリカのインディアナ州にあるシャロン小学校。

そこに勤務する美術の先生が、『美化プロジェクト』として行ったある授業が、SNS上で話題になりました。

「この本を読んで、あなたが思うイメージを、石に描いてみましょう」

先生が取り出したのは『ONLY ONE YOU』という本。読んで感銘を受け、今回のアイディアが浮かんだのだといいます。

『ONLY ONE YOU』あらすじ

ある日、両親の元を離れ、広い海を旅することになった魚のアドリ。さまざまな出会いの中で「自分という存在は世界でたった1人しかいないんだ」と気付く物語。

先生の言葉を受け、自由に色を塗っていった子どもたち。

全校生徒が手がけた、約750個もの『石』は、それぞれの手によって、個性豊かな『魚』になったのです。

授業は大成功!個性豊かな作品たちは、学校の入口付近に展示されました。

完成した様子がこちら。

緩やかな川を泳ぐ、色とりどりの魚たちがきれいですね。

そばに立てられた看板には、先生が授業を通して、子どもたちに1番伝えたかったメッセージがありました。

There's only one you in this great big world...Make it a better place.

あなたという存在は、この広い世界にたった1人だけ。

どうかこの世界を愛し、素晴らしい人生を歩んでね。

Sharon Elementary Art ーより引用(和訳)

先生のアイディアに、称賛の声が寄せられました。

  • これは素晴らしいアイディアだね!!
  • 子どもにとっても刺激的な授業になっただろうな。
  • 一人ひとりの個性を大切にする、愛情深い先生が素敵。

また、実際に参加した子どもの親から「子どもたちはとても興奮したといっていました」というコメントも。

さらに、他校の先生たちから「材料はどうやって調達したのか」などの質問が多く寄せられていて、教育現場としても関心度の高さがうかがえました。「自分の学校でもやってみたい」と考えた人が多かったのでしょうか。

『ONLY ONE YOU』という考えを大切に

いまはまだ小さな魚だけれど、いずれは一人ひとりが自分の足で、大海原へ踏み出さなくてはなりません。

彼らが思い描く未来はさまざまですが、想像よりもたくさんの喜びや苦しみに彩られることでしょう。

子どもたちは、人生のふとした瞬間に『ONLY ONE YOU』の言葉と共に、楽しく貴重な体験となった、1つの授業を思い出すのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
Sharon Elementary Art

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop