愛犬が寒空の下で寝ていた理由 優しさに触れて、心がきれいになっていく

困っている様子の人を見かけた時、あなたはどうしますか。

「どうなさいましたか」のひと言をかけることさえ、かなりの勇気が必要ですよね。

ましてや、救いの手を差し伸べることなんて、自分にできるのだろうかと考えてしまいます。

愛犬がなぜか、小屋の外で寝ている

スエーレン・シャムレッフルさんは、ブラジルに住む女性。

7月のある日、シャムレッフルさんは、愛犬のラナが犬小屋から出て、庭の柵の前で寝ているところを発見します。

7月のブラジルといえば、日本と反対で寒い冬の時期です。

「昨夜、私が寝る時に、ラナは犬小屋の中にいたのに」と不思議に思いながら近づくと…。

なんと、ラナは柵の下に毛布を通し、外の野良犬と毛布を半分ずつ分け合って寝ていたのです。

以前、ラナは柵の隙間から顔を出して、この野良犬と友達になっていました。

温かい寝床のない友達に、自分の毛布を持って行ったのでしょうか。ラナの優しさに、心打たれます。

Facebookでは、多くのコメントが寄せられています。

  • 私たちは、まだ動物から学ぶことがたくさんある!
  • 高貴な行動だ。
  • 動物は私たち人間に、思いやりの意味を教えてくれる。

見て見ぬフリをすることで、「この問題は存在しないんだ」と考えることができるかもしれません。

でも、それは自分についたウソです。始めから問題がなかったことになりませんし、また、自然に解決もしません。

目の前で困っている人に手を差し伸べることの大切さを、ラナの行動が私たちに教えてくれたように思えます。


[文・構成/grape編集部]

出典
Suelen Schaumloeffel

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop