結婚当初、妻が「皿洗いぐらいやって」 夫の対応が斜め上だった!

※写真はイメージ

夫と暮らすライターの石井恵梨子‏(@Ishiieriko)さん。

結婚して間もないころに起こった、夫との『いさかい』に「こういうタイプの人間なんだな」と感じたといいます。

金で解決するタイプ?

元々は別のリズムで生活をしていた2人が一緒に暮らせば、それなりに不満がたまるもの。

ある日、投稿者さんは夫に対し、こんなことをいいました。

「皿洗いの手伝いくらいたまにはやってくれ」

家事の分担というのは、よくある夫婦ケンカの1つです。

※写真はイメージ

「ここから口論が始まるのかな」と思いきや、夫の行動は意外なものでした。

バーン!!!

外に出て行ってしまったのです。

「これぐらいで怒るの?」と感じたという投稿者さん。しかし、夫が外に出て行った理由は「怒ったから」ではありませんでした。

数十分後に帰って来た夫が手にしていたもの。それは…。

※写真はイメージ

食洗器!!!

なんと「たまには皿洗いをしてくれ」といわれた夫は、自分で洗うのではなく「食洗器を購入して妻の負担を減らす」という選択をしたのです。

夫のこの行動を見た投稿者さんは、こう感じたといいます。

何でも金で解決しようとするタイプだなと納得した。

このツイートに、さまざまな意見が寄せられます。

  • そういうことじゃないでしょ。「たまには皿洗いを手伝って」といっただけなんだから、言葉通りたまには家事を手伝えばいい。
  • 予想外の解決方法ですね。でも、そういう合理的な考え方は嫌いじゃない。
  • 結果として、皿洗いが楽になったと考えれば、そう悪い解決方法ではないように思う。

コメントにもあったように「たまには皿洗いをやる」というのが一番シンプルな解決方法かもしれません。

しかし、結果として投稿者さんの作業が減ったと考えれば、夫のとった方法も間違いではないでしょう。

どちらにしても、一瞬で「食洗器を購入する」という決断をした夫の振る舞いは意外なもの。多くの人の予想を超えるものだったようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Ishiieriko

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop