路線図の前で親子が何かしている やりとりに「うなった!」

※写真はイメージ

子どものころ、去年と比べてどれだけ身長が伸びたのか、親と確かめ合っては喜んだものですよね。

昔はよく、「自宅の柱の前にまっすぐ立って、頭の頂点に手を乗せて、柱に手の位置の印を付ける」という方法で、身長を記録したものです。

学校で実施される身体測定で「いま何センチだ」と分かりますが、数字だけで去年と今年の身長を比べるのは、少し味気ないもの。

しかし、そんな味気なさとは無縁な親子がいました。

渋谷駅で測ろう

地下鉄のホームにいた、横山シンスケ(@shinsuke4586)さん。

横山さんは、ある親子が柱に貼られた路線図の前に立ち、何かしているのを目にします。

※写真はイメージ

聞こえてきた声に、びっくり!

前より1駅伸びたね!

なんと、親子は柱の路線図で身長を測っていたのです。

まさか、路線図にそんな使い方があったとは…「次の駅に進んだよ!」なんていいながら、楽しく駅名が覚えられそうです。

驚きの発想力に、多くのコメントが寄せられています。

  • うちもじいちゃんの家で測ってたけど、それで測るとは…。
  • 目指すは渋谷! さすがにデカすぎか?
  • ほのぼのするなー。

電車を待つ間の、ちょっとした親子のコミュニーケーション。

退屈な待ち時間も、貴重な時間に変わったことでしょう。

大人になった時、「身長があの駅の高さだった時は、親とどこに遊びに行って、友達とはどこで遊んで」としみじみ思い出せそうです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@shinsuke4586

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop